メニュー

院長ブログ

増税前のすったもんだ(2019.10.01更新)

8%消費税の最終日。

皆さんは今週末、いや今月の始めあたりから合言葉は「今のうちに」であれこれ増税前に買い集めに走ったり、「そこの2%がけっこう侮れない」的なお買い物したのでは?

私も例外ではありません。それどころか、我がクリニックは今の時期がまさに「開業一年目!」わーいとりあえずなんとかやってきた!の喜びも束の間、「一年目の保守点検」があの機械、この機械…それも消費税の上がる前にやりましょう…何て言われりゃ「そりゃそうだ。」そんなこんなでテストや個別指導の疲れをとるまもなく、今日にいたり…ちょっとした事件発生。

「発注日と納品日事件」とでも言うべきか…

そもそも発注を9月中にすればことはすむと思っていたのが大きな間違え。

つい3日前の午前、午後から仕事に出るから休診と言ったら慌てて物品を届けてくれた業者さんがいたから、何か私の中では引っかかったいた。で(金)午後から週末は問題の業者には連絡つかなかったので、今朝バイト先から「お宅は(水)に届けても9月に頼んだから8%のままなんですね?」と電話してみた。先方は「いや、納品日の税だから10%です、あっそういえば先生のとこは月曜休みだから仕方ないですね」としれ~っと言われてしまった。いつも真面目な業者と一目おいていただけにショックも大きい。おいおい、こっちは9月はじめから次から次へいろんなことがあるなか必死な思いで伝票確認しながらこれはあそこ、あれは向こうの業者と頼んだのに。いつもやりとりしてるんだから、発注と納品日がで税が代わること、アドバイスしてくれてもいいのに。現に気を回して、うちの月曜休みが頭に入ってる業者は(金)にちゃんと持ってきてくれている。

業者の対応聞いたとたん、ブチりと私の頭の線が切れた。「そりないでしょう?納めるのが仕事なんだから、そういつもおきるでないまれな事態の注意はしてくれてもいいのに。消費者サイドを考えてビジネスしてよ!」そばにいたナースも「担当者によるのかな?」とビックリ。「じゃもういいです。お宅と取引しません。頼んだものも返品。」わたしは言いきった。

ダメ元で午後の検査の件数と開始時間を確かめてみる。「検査好きの先生が帰宅を気にするのはなぜ?」かくかく然々…「じゃ、今日は早くから午後検査はじめられるから持ってきてもらえば!」回りのサポートもあり、例の業者には「ならばなんとしても今日中に。わたしクリニックで待機してますから!」言いきった。なにもかにもが八方塞がりにならないとこがありがたい。

で、話の先が。「待てよ。後ろに何か引かれる想いで検査のするな。患者の立場にたって考えるべし」ふっとつねづね両親が言ってた言葉が頭をよぎる。(そこで87歳おんじを登場させるのが私のちゃっかりしたとこで) 持ってれば、繋がるはずの父のガラケーに電話。「もしもーし」やった!ラッキー。今日は午後予定ないはず。ことの顛末はなぜば快諾、現地へ。

判子を押して9月30日納品にこぎつけてくれた父。

いや~ほんと、クリニック経営は一人じゃできない。誰かに助けてもらってやっとなんとか。それも高齢者をこきつかうようではわたしもまだまだ。これからどれだけ、一人で越えねばならない山があるのだろう…

8%のうちにお礼の辛口日本酒買って帰宅した。「ありがとね」「いいよ。誰かがやればいいんだから、まだまだぼけてないよ」うんうん、確かに。

朝から力が入りっぱなしの肩に家庭用の軽減税率対象外の買い込んだ荷物をしょいこみ、今日はくたくた。

お風呂でゆっくり、このブログ完成させたんだからどれだけ長湯だったことか。

あら、ちょうど0時だわ。記憶にのこる9月の末日でした!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME