メニュー

院長ブログ

11月半ば?(2019.11.20更新)

あれ、あと1ヶ月余で年末?

何だか信じられないような陽気。

日中20度超える日がこの時期にあると、今が11月という気がしなくって、多忙もあってか?先週起きたことと1ヶ月前の出来事が重なって、あれ、今日は何月だっけ!?」自分の季節の中のたち位置がわからなくなってきてしまい不思議な感覚にとらわれます。

それに今年は1日のうちでも寒暖の差が激しいせいか、最近「何となく疲れる」とか、秋の花粉症はさすがに過ぎているはずだけど、アレルギー症状を思わせるような鼻水や目がかゆいといってこられる患者さんが多いような気がします。

「何となく疲れる…」内科的疾患のないことを確認し、メンタルの問題もクリアされれば、ここはひとつ漢方の出番。

あの手この手が出てくるのですが。「漢方のゼナ」と私が呼んでいる「人参養栄湯」、あのドリンク剤も漢方の成分を参考にしたのかなあ…これのほか、いくつか体力回復によい漢方をその人にあわせて処方。

そして、アレルギー症状っぽい患者さんには、春の花粉症の時と同じような処方をするわけですが、こういった処方をこの時期、複数回する処方内容からも「気候の年内変動」を感じざるをえません。

昔はこの時期こんな処方、しなかったもの。

unnamed

で、ニュースでも取り沙汰されているように、インフルエンザも流行の兆し。

今年は11月に入ってからの罹患の報告数が過去になく多いとか。

九州の方で多く流行っているようですが、一応東京も全国地図で流行地域として赤くなっていたので注意しないとですね。ちなみにクリニックでは秋以降はまだ出ていないし月曜日、火曜日バイトにいっている池袋や横浜の施設でも聞いていないけど、一気にぐっと寒くなり、乾燥も進むと、急に府中界隈でも患者さんが増えるような気がします。それがインフルエンザたるもの。予防接種もできれば11月末くらいまでにはすませた方が良いのでは?年末に流行したシーズンもあったからね。抗体ができるにも数週間かかりますから…。

クリニックでも、まだ余裕があるので受け付けていますが、電話でご確認くださいね!

インフルエンザの在庫もそうですが、この時期、(月)(火)以外にも、私が昔のつながりで内視鏡の仕事にでたり、不定期なのでお電話いただいた方がよいかと思います。ご迷惑かけますが宜しくお願いしますね。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME