メニュー

院長ブログ

淡々と(2022.08.07更新)

今日、8月第1週日曜日。ずいぶん前、つまり第7波が押し寄せる前から「ワクチンデー」と称して、今日はワクチン接種を重点的に!ときめていた。先週日曜が休診だったから、ワクチン希望者も貯まるだろうと考えてのスケジュール調整。従って、電話で希望のあった発熱患者さんの受け入れも少なくせざるをえないのだが、それにしても、微かにトーンダウンしてきたような… 今までの波も「ちょっとした減りの感覚」が、そのあとの減少の兆しだったことが何度もあったから今回もそれに期待したいところ…。  国も専門分科会との足並みが揃っていないようだし、例の20歳代から開始となった自己申告制度や、抗原検査キットの配分制度などなど… 何だかどこが主導で動いているのだか、以前より通達のラインがはっきり見えてこない中で、末端医療機関に過ぎない、うちのようなクリニックは、とにかく状況に飲み込まれないよう、ふりまわされぬよう、こなしていくのみ。入院の適応はなさそうだけど、症状のある方からの電話を優先し、「ちょっと喉が痛いから検査だけ…」若者は、先の制度のご案内としている。症状ありの患者さん達、健康観察していると「強いのどの痛みや痰絡み、咳が」以外にも「健康観察中に治る無味、無臭状態」あと、意外に多いのが「耳の奥の痛み」 対処療法や経過観察しかないのだけど…あと、気になるところでは、うちの患者さんにも「実は先月コロナになって…」 という事後報告の方がいらっしゃるのだけど、観察期間終了後の「倦怠感、集中力が何となく続かない…」 という声を意外にも耳にします。家族には「そんなの昔からだろ! なんて笑われるんだけど、でも何となく気になる…」「通勤がつらい」 という声も数人から。 夏で普通にしていても暑さ負けするような時期だから何とも言えないけど、でもちょっと気になる声です…。

と、今日も帰宅が夕暮れ時となり、公園で夕涼みしながらここまでblogを書いてました…(このあとちょっとした事件が)  「そういえば、今年は蝉の声をよく耳にするし、道に落ちた姿も何時もより多く見かける…ひっこしたせいかな?」なんて、公園の蝉の声を聞いているうちに、「蝉って地中に7年は聞いたことあるけど、地上でどのくらい生きてるの」 なんてことが気になり出して調べたら…「7年7日」というくらい、地上に出てからはほんの数週間の命なんですってね…。しかもあの声は雄しか発していなくて雌への求愛の声だとか…やっと暗闇の世界からぬけだし、燦々と降り注ぐ夏の日差しを浴びながら、子孫繁栄のために高らかに声を出し、目的果たすとさっと、一生を終えてしまう…たくましく、はかない人生… 知らなかったなあ… それに…夏にこの蝉達の声がしなかったら、私たち人間も、どれだけ夏が寂しく無味乾燥なものとなることだろう… 夏の風物詩…蝉にご苦労様とありがとう…なんて感じ…  さて、暗くなりかけたので公園を後に、「さっ、blogの続きは家で…シャワーでもすっきり浴びてから…」 と、チャリを漕ぎかけた途端、何となく気になり鞄ごそごそ… しまった! クリニックに業務用とプライベートのスマホ両方忘れて来てしまった!  うーん 明日も火曜午前も休診…業者の発注や患者さんの予約の連携先とのやり取り… 明日以降も手元のないと困る問題山積…  前の住居だったら間違えなく電車で取りに戻るのだが、今は「エイや」とひとふんばりすれば1日に二往復も何とか…  てなわけでこうして日曜夜、クリニックに戻りblog更新。 今日はワクチンデーで、沢山の人に会い、通常診察に発熱…それだけでもいろんなコトをしたなって感じ。夕涼みで少し心落ち着けて、やれやれと思ったところに… 緊急事態を自ら作りだし、なんかせわしない人だなあ…私は。 蝉に感動して1日終わりたかったのに。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME