メニュー

コロナPCR検査

[2020.08.09]

やっと夏を感じる暑さと空の青さ。

百日紅の深紅が美しさを増して輝いてますね。

日焼けは気になるけれど、自転車通勤は爽快です。

さて、先週にホームページ上で告知した「コロナPCR検査開始」の経緯とご案内を今日のお題にします。

コロナ抗体検査はうちでも以前からやっていました。ご存じの通りIgMにしろIgGにしろ、一つの目安にはなるけれどリアルタイムではない。不安がる患者さんにとっては目安ではあっても幾ばくかの安心材料になるから、町の小さな医療機関では、この程度の社会的たち位置でよいと考えてました。

しかし、増加する感染者数…、それに対して国をはじめとする行政機関の対応も様々、バラバラ。

いまいち収集がつかない。「どうすりゃいいの?」

都知事は「お盆の帰省はさけて・・」っていうけれど、その年の年末に母を亡くした私なんかにいわせりゃ、他界前の最後の夏の思い出・・なんか一番大きい思い出になっているから・・あとで「あの時、他人の目なんか気にしないで帰っておけばよかった・・」そんな思いをする人がいないように・・まあ、抗体検査も周りの文句を封じるには「IgM陰性」目安にはなるけど・・それぞれ家族ごと、微妙な事情はあるから・・医学的傍証が役に立つこともあるのかな?「PCR検査」がもはや何をするにしても「はじめの一歩」ですよね、やっぱり。

また、,抗体検査をしている中で、患者「陰性証明がないと海外出張にもいかれない」とか、国内でもそういう声が出てきていることは、抗体検査を導入時から患者さんの声として聞こえてきていました。国も行政も「誰でも手軽にPCR検査」なんていう割には、(自治体によりけりだが)依然、敷居は高い。

そもそも一般のクリニックレベルで保険診療でこの検査をするとなると、指定医療機関としての届け出が必要になる。そして保険診療で検査ができるとなると、実際に症状のある患者さんが殺到したり、風評で一般の患者さんが激減したり診察自体がやりずらくなる・・という現場の声も耳にします。「だからうちは届け出をしてもこっそりやっている・・」という施設もあるとの話も聞いています。いずれにしてもわがクリニックのような小さなレベルならば、そのあたりの検査は「国に任せて・・」という立場が妥当なのかもしれません。しかしここ最近の状況をふまえるとそろそろ立ち位置の軌道修正もしたほうがよいのかな? そのように考えつつ、委託している業者にクリニックレベルでの動向を訪ねたところ「唾液採取は鼻腔採取と違い施行者の感染リスクも低いので医療機関が増えつつある」とのこと。確かに・・ちょっと前に私が同じ質問をした際には「検体の移送にも、移送者のの感染リスクがあるし、検体も特別に扱わなければいけないからあまりやってほしくない」という、はっきり言って「negative」な返答でした。だから私は多方面の論説者が「なぜ一般業者を含めた日本のPCRが普及しない?」みたいなことを論じていたけど、これは検査そのもののみならず、輸送を含めた外枠が追い付いていない というのが現状なんだから仕方ないよ・・とあきらめモードでいました。さらに、業者さんはラボの人数も増やして多くの検体も処理できるように感染者増加に合わせて対策をとった矢先とのことでちょっと前とは明らかに対応が異なってきています。こうして私の「立ち位置軌道修したほうがいいかな?」という自分の直感を信じてクニックでも取り扱うことにしました。もっと言うと・・「これだけメジャーな感染症になりつつある今、きっとコロナの検査のノウハウがインフルエンザ検査のように、一般のクリニックでも必要となる時期がくるかもしれない・・」という勘もあって・・そうなってからばたばた対応に追われるよりも、ある程度ノウハウつけておけば、そういった状況でも慌てないかな・・と思って。

さて、検査を始めるに際し、いくつか問題点があり、その点は以下のように対策をすることにしました。

①(このご時世、普通に来られた患者さんもコロナでない保証はないけれど)通常の診察をご希望の方や、当クリ  ニックスタッフへの感染を緩和するためにPCR検査については予約制で原則私が一人で対応とします。また、    唾液採取ではありますが、原則玄関外での対応とさせていただきます。

②よろずの活動目的の「陰性証明」を主体とするので自費診療です。むしろ症状がある方は保険診療が好ましい    のでそ の際は保健所等へ先にご相談ください。

③万が一無症状の方から陽性が出ることもあり得ますので、私のほうは予防着など感染対策を取らせていただきま  す。

PCR検査についてのクリニック側から患者様へのそのほか周知事項

・当クリニックは検体はSRLという検査会社に委託しています。こちらはタカラバイオ社のSARS-CoV-2 Direct   Detection RT-cPCR  Kit」を用いての検査です。

・結果が出るまでには2~5日(検査当日をいれて。受託の状況で5日という遅延もありえるとのこと。平均          2日)

・検査ご希望の方は検査前にイソジンでのうがい、飲食(1時間前くらい)歯磨きはしないでください。専用の    入れ物に1~2ccほどの唾液を採取して終了です。

・費用は税込み30000円です。

 また診断書が必要な方は別途 日本語3000円(税別)英語5000円(税別)となります。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME